歯周病

歯周病は、お口の中に存在する歯周病を引き起こす細菌による歯肉 の炎症です。
磨き残しの中で、歯周病菌が増殖繁殖し、歯垢(プラーク)を形成し
( これは、ネバネバしていて歯ブラシでとても取りにくくなります)
どんどん炎症が強くなる病気です。
進行すると、根の周りの顎の骨に影響を及ぼすこともあります。
進行速度がゆっくりなのと、ある程度悪くならないとあまり痛くないので注意が必要です。

歯肉に限局した病気なので、歯肉の炎症をとると良くなります。  
この炎症をとる作業をしっかりすることが大事です。
歯と歯肉をしっかり磨くこと、磨けることが歯周病の治療にも予防にも、
はたまたリハビリにもなると思います。

最近の研究から、全身疾患との関係が報告されています。
糖尿病、心臓病、腎疾患、さらには早産や低体重児の可能性が指摘されています。
歯周病を治療することが、全身の健康に影響しますので、お口の健康 を維持することが
アンチエイジングの第一歩といえるでしょう。